書生のびのお店番日誌

書生のびによる、人生行路観察記

「マラカス奏」第15話(全20話)

  茜はテーブルの上のジャム瓶二つを自分に、もう二つを菊比呂の前に差し出すと、やおらインターネットラジオを点けたのだった。

 

f:id:sowhatnobby164:20181111050604j:image

 

 

すると、かつて菊比呂が熱病に罹ったように聴いていた、七十年代ロックが、オンボロ小屋には似つかないクールさで流れ出した。

   

  茜は手本を示すつもりか、ジャム瓶を振ってみせた。中身のBB弾が上下し、シャカシャカ、マラカスの要領だ。そしてそれを菊比呂にもやるよう、促した。どうやら、これが彼女の言う元気法らしい。

 

f:id:sowhatnobby164:20181111050649j:image

 

   菊比呂は、お人よしで衝動的で変人気質の従妹を相手に、もうまな板の上の鯉である。

 

(ええい、ここはひとつ、やろうじゃないかよ。馬鹿丸出しにでもしてやるさ)

 

  彼は観念した。―ああ、毒を食らわば皿まで。

やがて何かが吹っ切れた。立ち尽くすのを止め、金品奪うようにBB弾マラカスを素早く手にしたかと思うと、もう、ヤケッパチのヤケッパチ、シャカシャカシャッシャ、シャシャカシャカ、力いっぱい瓶を振ったのだった。

 

  菊比呂は振りに振り続けた。振って、振って、振り落としたかった。彼は情熱のマラカス奏者、シャカシャカシャッシャッシャ。― マイアのこと、モーブのこと、面倒な茜のこと。シャッシャカシャ。―金のこと。火曜日、マークに借りて、それっきりの三千円。シャカシャカシャッシャ。亡くなった隆志兄、可哀相な隆志兄、葬式は氷雨。一寸前まで生姜焼きを食って喜んでいたくせに。では俺の未来は。マイア、マイアさんは去った、マイアさん......

 

(第16話へ続く)